大豆パンミックス粉

2008年07月21日

低GI商品は生活習慣病・ダイエットの対策になる 

低GI商品って何だろう?

         

soijyoi低GI商品 大塚製薬のSOY JOY(ソイジョイ)を食べてみました。

低GIのソイジョイのカカオオレンジ味 栄養成分 133kal 脂質6.9g 唐質11.8g

詳しい栄養成分は大塚製薬のページをご覧ください。

低GIのソイジョイのカカオオレンジ味をまず食べると、「うまい」です。
カロリーメイトに代表されるこの手の商品はあまりうまくないのが通常ですが、この低GIのソイジョイは普通のお菓子と同じでうまいです。

そこで、興味が湧き低GI商品って何だろう?という事で調べてみました。

GIとは、炭水化物を含む食品を食べたときの、血糖値の上がりやすさを表した指票です。

このGIによって食品摂取後に、急激に血糖値が上昇するのか、穏やかに上昇するのかの目安になります。低GIとは急激に血糖値が上昇しない食品のことのようです。

ここ最近、田中麗奈さんと豊川悦司さんの宣伝でも「低GI」なんて言ってますが、ただのダイエット食品かと思ってましたが、低GIはかなり生活習慣病にも効果があるようです。




ケンミン食品株式会社のページに詳しく書いてありましたが、低GI商品は特に「糖尿病」と「高脂血症」に効果があるそうです。

低GI食品ではなく、急激な血糖値上昇を引き起こす高GI食生活を続けると、内蔵脂肪型肥満の原因や、すい臓の疲労による糖尿病、高血糖、高脂血症などの、「メタボリックシンドローム」の危険性を高めることになり、悪化します。



高GI食品には、ご飯、もち、パン、砂糖、じゃがいもなどを使うものと書いてあるので、やはりパフェやアイスといったデザートは高GIになります。ご飯よりもそばの方がまだ低GIです。主食もなるべく低GIのものを選ぶようにするのがいいですね。

また高GIを抑える食材も出てました。

丼や麺類など主食中心の食事ではなく、必ず、食物繊維の多い野菜豆類海草きのこ類を一緒に食べましょう。
乳製品は1日200cc〜400ccを目安に。油メニューは1日2〜3品以内。摂り過ぎに要注意!低GIとの組み合わせが効果ありそうです。


低GIというものがよく分かりました。かわいい糖尿病のA1C6.3%の私としては、野菜と魚をガンガン食べ、カロリーと炭水化物を1日に2000kal/150カーボを目標にしていこうと思います。低GIの食品にもこれからは注目したいと思います。

痩せ過ぎるのは困るので1日2,000kalは取りたいのですが、150カーボというのが、今のところ難しいです。



7/21 今朝の血糖:151mg/dL右斜め上右斜め上 今朝の血圧:120 / 75mmHg でした。


旅行に行ってました。主食はほとんど食べなかったのですが、血糖値が急上昇右斜め上右斜め上しました。7/20朝が140mg/dLで、7/21朝151mg/dLです。まあ〜いいですよね旅行ですからね。多分味付けに思った以上の糖質が使われていると思われます。参考までに毎日こんなにたくさん食べましたわーい(嬉しい顔)


7/19の夕食

719
ブログ村ランキング参加中! 今日は何位かな?
 

私の過去の記事 糖尿病と間食(おやつ)2も「低GI」についてです

   

大豆麺 ソイドル
ソイドル

posted by 糖尿おじさん at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防と対策 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
Copyright (C)2008〜2015 糖尿病の食事〜生活習慣病のチェック All rights reserved

※ブログ記事のコピーや転載は、著作権法で処罰されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。