大豆パンミックス粉

2013年12月22日

糖尿病放置1年半後、ヘモグロビンA1c5.9%

糖尿病を1年半放置してましたが、久しぶりに区役所の健康診断に行ってきました。検査結果から言いますと、ヘモグロビンA1c5.9%(NGSP値)=5.5%(JDS値)でした。わーい(嬉しい顔)

1年半、糖尿病を放置してた割には良い結果じゃないですか?!るんるん

ただLDLコレステロールが高く137という結果・・・もうやだ〜(悲しい顔)今後の課題となりました。


P1020073.JPG P1020070.JPG


「糖尿病を放置した」と言っても、検査を放置してただけで、糖質制限食は継続してましたよ。

1年半の間、朝の血糖測定は時々実施してました。

悪い時で160前後、良い時で110ほどでしたので、今回の検査時の空腹時血糖値116というのは、良い時期に当たったのかもしれませんね。

でも結果が良かったとは言え、、やはり検査しないのは良くないです。ふらふら

半年に1回は通院したいと思います。わーい(嬉しい顔)


でも今回の良い結果、すごい嬉しかったです。

病院に通わなくても、良い結果が維持できたからなんです。るんるん


何だか「普通の人」になった気がして、嬉しかったんですよね。

普通の人は、年に1度しか検査しませんよね?普通の人と同じように過ごして、ヘモグロビンA1cも普通の人だった事が嬉しいのです。るんるん


これも全て糖質制限食による食事療法を5年間継続してきたおかげです。

糖質制限食が一部の糖尿病患者に実施されてから約14年が経ちました。

私は5年経過しました。


糖質制限食に踏み切れない方は、恐らくその安全性に疑問があるからだと思います。

今も一部の糖尿病専門医から、「糖質制限食は良くない・・」と言う声が聞かれますが、14年経過した今も、「大きな問題」も報告されていません。

もう大丈夫じゃないですか?わーい(嬉しい顔)

糖質制限食の継続で、血糖値がコントロールが出来るのはもう間違いないのです。


久しぶりにお会いした、私の糖尿病担当医も驚いてましたよ。

「糖尿病を放置しておいて、どうやってコントロールしてたのか??」・・・って。わーい(嬉しい顔)


糖質制限食を絶対にお勧めいたします。


糖質制限食のやり方

糖質制限食の効果

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ



大豆麺 ソイドル
ソイドル

posted by 糖尿おじさん at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | HbA1Cの推移 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
Copyright (C)2008〜2015 糖尿病の食事〜生活習慣病のチェック All rights reserved

※ブログ記事のコピーや転載は、著作権法で処罰されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。