大豆パンミックス粉

2014年10月21日

ヘモグロビンA1c5.9%(NGSP値)でした!

こんにちは!8か月ぶりの更新になってしまいました。糖尿おじさんです。わーい(嬉しい顔)

最後の検査は2013/12ですので、ヘモグロビンA1cの検査は10か月ぶりになります。

検査結果=ヘモグロビンA1c5.9%(NGSP値)です。10か月前の同じ数値でした。

ヘモグロビンA1c5.9%(NGSP値)検査結果の写真

ヘモグロビンA1c(NGSP値)の評価基準値

・優   6.2%未満
・良   6.2%〜6.9%
・不十分 6.9%〜7.4%
・不良  7.4%〜8.4%
・不可  8.4%〜

ヘモグロビンA1c5.9%は正常値(優)です。るんるん


この10か月間、普段の食生活として定着した「糖質制限食」を日々行ってましたが、特に不満などはありませんでした。

糖質制限食の外食として、最近流行の「俺の・・・」などにも行って食事を楽しんだりもしています。

俺のシリーズレストランで、糖質制限食のレストランとしてお勧め出来るのは3店です。

俺のだし
・俺のやきとり
・俺の焼肉


何か「飲み処ビールバー」ばかり?ですが、私はお酒なしで利用しました。

特にお勧めなのは「俺のだし」です。おでんが中心の「俺の」ですが、おでんだけでなく、肉や魚そしてオマールエビまであります。

少しづつ食べたい中高年、女性などは満足して頂けると思います。


俺の・・・は、最高級レストランや旅館、ミシュラン獲得店で働いたシェフが繰り出す最上級の食事ですが、すべて驚くような値段(安い)で提供してくれてます。

その中でも上記3店は、糖質制限しやすいメニューばかりですので、きつと満足して頂けると思います。るんるん


2008年のヘモグロビンA1c9.1%(JDS値)=NGSP値へ換算だと9.5%から糖質制限食を初めて6年経ちましたが、糖質制限食1年ほどで、ヘモグロビンA1cは正常値となり、今では年に1度検査すれば大丈夫そうな気がしてます。

と言いますか、血糖値をコントロールするという概念が無くなりつつあります。


日常化した「糖質制限食」を何も不満なくやり、自動的に血糖コントロールされてるからです。

でもたまにラーメンなどの糖質を食べると、決して糖尿病が完治した訳でなく、食後250mg/dLほどまで上昇してしまいます。

やはり糖尿病は糖尿病なのです。もうやだ〜(悲しい顔)


糖質制限食は、2012年に日本糖尿病学会も「やや賛成」のような発表もしましたので、あとは担当医師と患者(あなた)がどう判断すか・・・という段階に入りました。


でも糖質制限食を6年間継続してる私として言える事は、

ヘモグロビンA1cは99%下がる

6年以上経って、健康的な問題はない

という事です。わーい(嬉しい顔)


早く血糖値を正常値にしたい方には、糖質制限食はお勧め出来ます。

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ



大豆麺 ソイドル
ソイドル

posted by 糖尿おじさん at 11:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | HbA1Cの推移 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(^^)v

はじめまして

たくさんの数値をつけておられるんですね

Posted by 美香 at 2014年11月07日 20:54

この記事へのトラックバック
Copyright (C)2008〜2015 糖尿病の食事〜生活習慣病のチェック All rights reserved

※ブログ記事のコピーや転載は、著作権法で処罰されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。