大豆パンミックス粉

2008年08月06日

猫の糖尿病 予防 症状 治療 費用

猫猫の糖尿病

猫の糖尿病の予防も犬の糖尿病と一緒で、飼い主次第で予防できますので、猫の糖尿病の症状などをよく理解しておき予防してあげましょう。

猫の糖尿病は、6歳以上の太った猫に多いのが特徴です。また、女猫より男猫に多く、猫の種類ではバーミーズ種とシャム猫に糖尿病が多いようです。現在、犬と猫ともに200頭に1頭の割合で糖尿病にかかると言われていますので、猫の糖尿病も予防が大切なのです。

猫1.JPG

猫猫の糖尿病の予防

1 エサの量をもう一度確認
2 ダイエット用ライトフードに変える
3 猫じゃらしなどの運動による予防
4 ダイエットによる予防


猫の糖尿病の予防としてはエサの量を気を付けてあげる事が予防となります。本当は犬のように散歩に連れて行けばいいと思いますが難しいですよね。私の近所には散歩猫ちゃんが1匹いますけどね。← デブねこちゃんです。

猫2.JPG

猫猫の糖尿病の症状

猫の糖尿病の症状は犬の糖尿病の症状と比べても更に分りずらいです。猫が糖尿病を患った場合にただ寝てるだけという症状もあります。これでは飼い主でも分りずらいです。確かに猫は元気でもいつも寝てますよね。ただ下にある猫の糖尿病の症状なら気付いてあげられます。

1 たくさん食べる
2 脱水症状
3 多飲多尿症状
4 食べても体重が減る
5 白目や唇が黄だん症状       

飼い主さん!ちゃんと見ていてあげて下さいね。

猫3.JPG

猫猫の糖尿病の治療と費用

犬と違い猫の糖尿病の治療では、経口の血糖降下剤だけで済む場合もあり、猫の糖尿病の内30%〜50%はインスリン治療を使用しなくてもいいようです。これに比べて、犬の糖尿病のほぼ100%がインスリン治療を必要とします。

インスリン治療になると飼い主が毎日2回以上は針を打ってあげなくてはなりませんもうやだ〜(悲しい顔)し、費用もかなりかかります。

インスリン治療をする糖尿病の猫は、1か月の治療費用が30,000円〜ぐらいかかります(入院費用や検査費用は含まず)。その中でも猫の血糖測定器のチップと針の費用が1か月に15,000円〜と高いですね。糖尿病の人間の場合(私)費用はチップと針で1か月に4,000円ほどですから、猫の糖尿病は約4倍もしますがく〜(落胆した顔)

軽度の猫糖尿病の治療では、処方食だけで済む場合もあるようですので、いつまでも一緒にいるためにしっかり猫の糖尿病の予防をしてあげましょう!

猫4.JPG

8/5 人間(私)の糖尿病の食事(夕食:カツオとタコのたたきにんにくチップ キムチと豆腐 野菜炒め )

85

人間(私)の血糖値と血圧値

8/6 今朝の血糖値雨134 mg/dL(糖尿病型)       (7/15 のA1Cは5.8%でした)  
                                   (食前にベイスン0.3gを服用)
   今朝の血圧値晴れ:127 / 73mmHg(正常型)

最近人間(私)の血糖値はだめだな〜もうやだ〜(悲しい顔)

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

私のブログ「犬の糖尿病の記事」はこちらです


大豆麺 ソイドル
ソイドル

posted by 糖尿おじさん at 09:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 犬 猫 糖尿病 | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

犬の糖尿病 予防 症状 治療 費用  

犬の糖尿病

実家で柴犬を飼っていることから犬の糖尿病の予防などについて書きます。

犬の糖尿病はまず最初に、犬の飼い主さん次第で予防出来るという事を忘れないでください。犬の糖尿病を予防出来るのも飼い主さんですし、悪化させるのも飼い主さんなのです。

犬の糖尿病犬は人間と同じよにいろいろ症状を伴いながら発病しますが、予防も出来ます。

shibs

犬の糖尿病の予防

犬の糖尿病は予防することが最重要です。犬の糖尿病予防は飼い主さんの責任です!「かわいいから・・」「食べたがってる・・」などと言って、必要以上にエサはあげないようにして下さい。ましてや、間食(おやつ)は厳禁です。犬の糖尿病の予防どころか犬愛犬の命を縮めてるかもしれませんがく〜(落胆した顔)
犬の糖尿病の予防をあげます。

1 散歩に毎日連れて行くなど運動による予防
2 エサの分量を再確認する
3 間食(おやつ)は絶対にダメ
4 女犬は避妊手術、男犬は去勢手術して予防

飼い主さんは毎日のように間食(おやつ)を与え、しかも夕飯どきには人間の食事も与えてしまうものです。これでは犬を病気に誘導しているのと同じです。実家の柴犬のAちゃんはいつも間食(おやつ)たべてますので、止めさせます。← 最近太り始めています。

4、は手術によって犬の糖尿病の予防になるようです。詳しくはお医者さんでお聞きください。

shiba2

犬の糖尿病の症状

1 しきりに食べ物を欲しがる症状
2 鼻の頭が乾きだす
3 多飲多尿症状

一番要注意なのは、1、の食べたがる症状です。また3、の犬の症状で「多飲多尿」もあるようです。いつもの2倍以上のオシッコをするといった症状です。

上記のような症状がある時は犬の糖尿病を疑ってあげて下さい。飼い主さんが犬の症状に気付くのが遅れると犬の病状はどんどん悪化します。


犬の糖尿病の治療と費用

犬の場合、治療はほぼ100%インスリン注射を打たねばならないようですもうやだ〜(悲しい顔)。飼い主さんはまず注射の練習をして、1日に2回ほど愛犬に注射します。もしも打たないと愛犬の症状は悪化し、最後には二度と会えなくなりますもうやだ〜(悲しい顔)

犬の場合の費用は入院するかによりますが、1か月に3万〜8万の費用はかかるようです。お金ではありませんが、犬犬の症状をよく覚えておき、病気になる前に予防してあげましょう。

実家の母にすぐ上記内容を伝え、柴犬のAちゃんが糖尿病にならないように予防してもらいます。

8/4 人間の食事(夕食:サンマの開き 手作り豆腐 野菜炒め スープ)

84

人間(私)の血糖値と血圧値

8/5 今朝の血糖値曇り:123 mg/dL(境界型)       (7/15 のA1Cは5.8%でした)  
                                   (食前にベイスン0.3gを服用)
   今朝の血圧値晴れ:124 / 77mmHg(正常型)

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

私のブログ「猫の糖尿病の記事」も参考になります。

大豆麺 ソイドル
ソイドル

posted by 糖尿おじさん at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 猫 糖尿病 | 更新情報をチェックする
Copyright (C)2008〜2015 糖尿病の食事〜生活習慣病のチェック All rights reserved

※ブログ記事のコピーや転載は、著作権法で処罰されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。